ネット副業のWEBライターで稼ぐコツとは

NO IMAGE

インターネットが普及し、WEB上で簡単に情報が入手できる時代になりました。インターネットの広告市場が伸びているので、WEB上の文章を書く仕事は、これからも需要がなくなる心配は少なめです。
しかし、仕事がある=稼げるとも限りません。中には単価の低い仕事もあり、そういうものばかりに挑戦していては、いつまで経っても一人前のWEBライターにはなれないでしょう。今回は、ネット副業のメリットや、WEBライターで稼ぐコツについて紹介します。

ネット副業でWEBライターに挑戦するメリット

ネット副業でWEBライターに挑戦するメリットは、時間や場所を問わず、自分のペースで作業ができるということです。
パソコンやスマホがあれば、どこでも仕事を進めることができます。毎日カフェやファミリーレストランでのんびり作業ができる、この気軽さがネット副業の魅力的な部分です。
また、アフィリエイトの記事などを書くことで、WebマーケティングスキルやSEOの知識を磨くことができます。
これらの知識は、ブログを運営したり、マーケティングの仕事をしたりする時に大いに役に立つでしょう。

WEBライターとして稼ぐコツ

・ブログをやる

クラウドソーシングサイトなどで仕事を獲得する時は、クライアントに自分の実力をアピールすることが大切です。その時に大活躍するのが、自身のブログです。
クライアントがブログをチェックすることにより、文章力がどれくらいなのか、ライターとしての実力がどれくらいなのか判断することができ、仕事を受注しやすくなります。また、文章があまり上手でなくても、ブログを運営しているという部分を評価してくれるクライアントもいます。
仕事をコンスタントに獲得していきたいならば、ブログを運営するのがおススメです。ブログに載せる記事を数十~数百個書くことで、自然と文章力を上げることもできます。

・単価交渉する技を磨く

WEBライターとして稼いでいくためには、文字単価が非常に重要です。
ただ、高単価な案件はライバルも多く、初心者はそう簡単に仕事を受注できないでしょう。プロジェクト案件に挑戦する時は、交渉で単価をアップさせることもできます。

きちんと信頼関係を築き、「できるだけ早く納品します」「質の良い記事を書きます」と提案すれば、単価を上げてもらえることも。単価を上げる技を磨くことで、自然と収入をアップさせていくことができます。

・特定分野の専門知識を身につける

ライバルに勝ち、高単価の案件を得る一番の近道が、専門知識を身につけるということです。不動産関係、医療関係、税金関係など、専門知識がないと詳しく書けないような場合、案件は高単価になる傾向があります。

その分野に関係する資格を持っていれば、専門性の高い知識を持っていると見なされ、その分野での案件が取得しやすくなります。業界について勉強したり、資格を取ったりするのが、WEBライターとして活躍する近道になるでしょう。